タイプ別にある脇の黒ずみをとる方法【適切なケアを行なうのが大切】

ウーマン

水を使ってお手入れをする

毎日クレンジングや洗顔などのお手入れをしていても、毛穴に古い角質や汚れが溜まってくるので、お肌がくすみやすくなります。口コミで評判の高いウォーターピーリングは、水を使用して角栓を取り除く、超音波美顔器です。自宅で簡単にホームケアができます。

ニキビの後の化粧水

コスメティック

リプロスキンは使用者の満足度も高く、今まで色々なニキビケアをしても効果がなかった人でも、納得のいく使用感を感じている人が多い商品です。試してみたいけれども、自分の肌に合うか合わないか不安な人でも、60日間の返金保証があるので安心です。

パターンを知ることが重要

女の人

タイプ別撃退法

夏場になり、ノースリーブになる機会が増えると特に脇の黒ずみが気になるという方も居るのではないでしょうか。厄介な脇の黒ずみをとる方法は幾つかありますが、どれを選択しても効果が得られるというわけではありません。脇の黒ずみには大きく分けて二つのタイプがあります。まずは埋没毛型。ムダ毛を毛抜きや剃刀で処理したことによるダメージが原因の場合と、毛穴に取りきれなかった消臭スプレーが残っていたり、汚れが詰まってブツブツしていたりする場合とがあります。このタイプの脇の黒ずみをとる方法としては、ムダ毛処理が原因であれば保護クリームを塗る、後者によるものであれば重曹もしくは皮脂の詰まりを取るような石鹸で汚れを落とす等が挙げられます。これ以上の悪化を避けるためにも、ムダ毛を毛抜きで抜くことは止めましょう。特に乾燥肌の方の場合は脇に刺激を与えることそのものが黒ずみの原因となってしまうため、サロンやクリニックでの処理をおすすめします。次は肌がかさついたり、くすんでしまって黒ずんでいる場合です。こうした脇の黒ずみをとる方法は保湿とピーリング。摩擦を防ぐためにも黒ずみだけでなく保湿効果もあるクリームを塗布し、日頃から肌を保護するようにしましょう。既に黒ずんでしまった場所は週に一回程度のピーリングで古い角質を落とすのもおすすめです。この時大切になるのが頻度。早く黒ずみを取りたいからと言って毎日のようにピーリングをしてはいけません。逆に肌を痛めてより一層黒ずみが濃くなってしまいます。自分がどのタイプかをチェックした上でご紹介した脇の黒ずみをとる方法を実践してみてはいかがでしょうか。