タイプ別にある脇の黒ずみをとる方法【適切なケアを行なうのが大切】

女性

貧毛症は医師に相談

まつげ

少なさや細さを感じたら

毎日のメイクなどで、まつげの少なさを感じられている場合は、もしかするとまつげ貧毛症かも知れません。まつげ貧毛症は、まつげの本数が少ないほか、細い場合や短いケースもその症状に該当します。この症状が発症する原因はいくつもありますが、ダメージも大きな要因です。例えばビューラーを使う際、根元からまつげを上げたり、引っ張ったりすると発症しやすくなります。また、マスカラの重ね塗りやホットビューラーの使用なども、ダメージを与える原因です。さらに、年をとることでも太さや密度などが徐々に減るほか、アトピー性皮膚炎などでも、まつげが抜け去ってしまうことがあります。しかしこの症状は病院で相談できますので、もしもお悩みの場合は、一度医療機関で診てもらうとよいでしょう。眼科や美容クリニックなど、全国の医療機関で診察を受け付けていますので、最寄りの病院へ訪れることが得策です。病院に行きましたら、受付などで、まつげの相談をしに来た旨を伝えましょう。診察では医師がまつげの状況を確認してくれますが、悩みや改善したいことがありましたら、できるだけ詳しくお話しください。まつげ貧毛症と診断された場合は、ケアの仕方や生活習慣のアドバイスなどをしてくれるほか、発毛を望める毛包がある状態なら、処方箋にて薬を出してくれることも多くなっています。一方、もしも毛包がない状況でも、植毛というアプローチがありますので、病院で詳細を確認してみましょう。